デザインと素材で選ぶ高級ソファー

おしゃれな高級ソファーを家に置きたいけれども、どんなデザインや素材ならいいのかわからないと悩むかもしれません。ソファーに使われている生地には様々種類があり、素材や色によって雰囲気やメンテナンス方法が変わってきます。なので、選ぶ時にはどんな生活の中で使っていきたいのか、ソファーを置く空間や周りのインテリアや家具などにも合わせたものを選ぶことが大切です。ここでは、どんなデザインや素材があるのか、どうすれば使いやすいものが選べるのかについて紹介します。一生モノの高級家具を買う時には、じっくり時間をかけて選んだほうがいいです。あとで後悔しないように、事前にソファーについて勉強しておいて悔いの残らない買い物にしましょう。場合によってはオーダーメイドでもいいでしょう。

デザインと素材の決め手になる張地

張地は、ソファーに使われている生地のことです。大きく分けると、ファブリック(布地)、合成皮革、本革の3種類に分けられます。ファブリックは生地の種類が豊富で、色や柄などのバリエーションが多いです。高級ソファーだと何百種類もの張地の中から選ぶことも可能です。肌触りが優しく布独特の温かみがあり、家族団らんなどに使うのに適しています。洗濯やクリーニング可能なカバーリングタイプを選べば、汚れてもすぐに洗えます。合成皮革はリーズナブルなので、高級品にはあまり使われていません。ただし、リーズナブルで汚れに強く、手入れが簡単というメリットがあります。色の自由度も高く、自由なデザインを実現することができます。ただし、夏はベタつき、冬は冷たいので温かみには欠けます。

憧れの本革製のソファーのメリット

大人っぽくシックなデザインの部屋にあうのが、本革の張地です。高級ソファーでは主に牛革が使われています。革そのものの質の違いから、なめし、染色方法、着色方法、厚みなどによって価格が変わります。見え目が同じように見えても、これらの違いによって値段が変わります。本革の張地のメリットは、使っていくうちに味が出てくるところです。天然素材なので生来持っていた傷などが出てくることもありますが、それがまた良い雰囲気を出してくれます。この世に同じものが存在しない証しとして、長く使えます。メンテナンスを定期的に行うことで、年を重ねるごとに風合いが増していくのが魅力です。デザインと素材にこだわりたいのであれば、オーダーメイドで作製してもらうという方法もあります。自由にデザインできて、自分だけのソファーが手に入るのがメリットです。