自分の家に合った高級ソファーの探し方

家具である上にインテリアとしてもお部屋の大きな主役となるソファーは焦らずに慎重に選びたいものです。さらに高級ソファーともなると長く使用でき、一生付き合えるような物というのが第1条件になりますが、探す際のポイントとしては自分のライフスタイルや家族構成、お部屋の状態がカギを握ります。まずライフスタイルについては夫婦2人でゆっくりする場所にするのか、それともお子さんがいる家庭の団らんスペースにしたいのか、またペットがいる環境なのか、リビングダイニングが同一の環境なのか、訪問者が多いか、スペースはどのくらい確保できるのか等が挙げられます。もしも2人でゆっくりさせるならば幅1300~1700㎜ほどの2人掛け、3人以上ならば幅1700~2000㎜の3人掛けに合わせて、オットマンやカウチを組み合わせるなどの選択をされると良いでしょう。

高級ソファーをお部屋のレイアウトやデザインで探す

お部屋のレイアウトでソファーを選ぶ際は1番コンパクトにまとまるのが直列型と言われるテレビやテーブルと平行させておくパターンです。また訪問者の多い家庭ですとソファーを2つ使用し向かい合わせて設置する対面型とコーナータイプやオットマン、カウチタイプを組み合わせて設置するL字型などがありますが、この場合きちんとした印象を持たせたいのならばシンプルなデザインで座り心地がしっかりしたタイプを選び、ゆったり感を持たせたいのならば横になれるようなサイズとアームが低めの物を選ぶと良いでしょう。そしてお子さんが居たりペットがいる家庭の場合はお掃除や張り替え等のお手入れのしやすいレザータイプがお薦めです。なお、ほこりやハウスダスト等へのアレルギーを持っている家族がいる場合も、布張りよりレザータイプがよりほこりが出にくいのでお薦めです。

耐久性や材質で高級ソファーを探す

デザイン等も重要ですが、高価なソファーの場合その耐久性も気になる所です。ソファーの耐久性のポイントは重さとメンテナンスの有無、材質です。まず重さについてですが、フレームがしっかりとしたソファーは軋みも少なく長く使用できるという点で、耐久性のある物は重いと言われています。そしてメンテナンスの有無では、ソファーは使用しているうちに汚れてくるのが当たり前ですが、張地の交換やクッション材の交換が出来るタイプなのか、それともカバーリングタイプでクリーニングできるタイプなのかによって長く清潔に使用できるかが分かれます。また、同じ材質に関しても中に羽が入っているのならばシートが凹んでも陰干しする事で復活しますし、シートが外せるタイプならば左右を入れ替えたり回転させたりすると長く使用できます。