高級ソファーを選ぶ際に気をつけたいポイント

ソファーは床面積を多く取りますしリビングではメインとなる家具になりますので存在感があります。高級ソファーを選べば部屋全体が華やかで高級感を醸し出せます。高級なものを買うなら絶対に失敗はしたくないもの、高級家具なら決して失敗するはずはない、品質もいいものだと思われるかもしれませんが選び方を間違えると後悔してしまうこともあります。例えばサイズが合わず家のドアを外しても中に運び入れることができず、泣く泣くキャンセルということもあります。高級なソファーはサイズが大きいものが多いので、きちんと家の中に入るかどうか調べなければ入らないこともあります。ですので事前に自分の家にはどのようなソファーがあっているのかを知り、適したものを買いましょう。

まずデザインが家にあっているかどうか

高級ソファーであればどんなものでも部屋に合うかと言えばそうではありません。他の家具やインテリアとの整合性がなければ逆に他のものが相性が悪く見えてしまったり、ソファーだけが異様に浮いてしまったりすることもあります。まずはソファーを置きたい部屋の写真を撮影して客観的に見てみましょう。どのカラーのソファーが似合うのかをこの段階で決めてください。もしもブラウン系のお部屋でしたら赤などの暖色系のカラーにしたほうがいいでしょう。白を基調とした部屋ならどの色でも合いますがすっきりとしたイメージにしたいならブルーや白系のものを選んでください。柄のあるものはごちゃごちゃとしたイメージになりますので部屋全体がシンプルな場合にはマッチします。自分だけの意見で決めるのではなく他の家族に聞いてみるのもポイントです。

ソファー選びでサイズは重要なポイントです

ショールームで見学をしたときとは違い、自宅に高級ソファーが搬入されるとかなり圧迫感が出てしまうことがあります。これはショールームと自宅とではスペースの広さが違うからです。狭い部屋に大きなソファーを設置すると窮屈な雰囲気になってしまいますので、6畳以下の部屋なら4分の1以下の床面積のものを選ぶようにしましょう。どうしても狭い部屋に床面積の広いソファーを設置したいならロータイプのものを選んでください。低いタイプなら目線に入りにくいので圧迫感がなくなります。ソファーは設置の仕方により壁をふさいでしまうことになるので、ウォークインクローゼットのある部屋で設置する場合は気を付けてください。実際にソファーを買う前には大きさを測っておき、どれくらい壁に密着するのかをシミュレーションしておくことをおすすめします。